ホームページはこちら→click

当方の日々の活動日記は、こちらのページを
画面下にスクロールしていくとご覧いただけます。
クラスの詳しい様子。
母になって思うアレコレなど、よろしければご覧下さい。

NO YOGA , NO LIFE.

NO YOGA , NO LIFE.


クラスへのお申し込みは、
こちらの申込みフォームよりお願い致します→申込みフォーム

出張クラス、 子育て応援関連施設、幼稚園や学校関連でのヨガ、
ヨガ的育児話。季節のからだケアや食養にまつわる講演。
各種からだケア個人レッスンなども承ります。

お気軽に上記申込みフォーム
又は、hakotuki@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

なお、こどもたちとの生活をモットーに活動をしております。
すぐにお返事ができない際もあるかもしれませんが、
何卒ご理解頂ければと存じます。

3日以内にこちらからの返事がなかった場合、
お手数ですが、再度のご連絡。
もしくは090-2796-7461までご連絡をお願い致します。



            

☆☆☆産前&産後の母クラス☆3回連続講座☆☆☆


9月class 9/4,11,25  受付中 早期予約特典8/20まで♡

第一回 テーマ からだ☆母のからだの使い方 
第二回 テーマ 食☆陰と陽からみた普段の食事&体質チェック
第三回 テーマ マインドマップを描こう☆脳を活性化・
        マインドマップで自分の未来を覗いてみよう!
  
   8class 8/7,21,28 〜開講中、単発参加のみ受付可能〜
   
   時間 10:30〜12:30



ご要望により、仙台市泉区会場class決定!!

8/29,31,9/7 (早期予約特典は終了しました)
      〜残席おやこ2組〜

時間 10:00〜12:00 七北田公園体育館、イズミティ21など
  

その回ごとの前半は、母の為のヨガ。ベビー&こどもヨガの時間。

後半は、その回ごとのテーマに基づき産前&産後の自分をセルフチェック!
我が子との暮らしの中の今の自分を再発見♡
産前産後女性に必要ないろいろ。知って、学んで、活かして、
母力、コミュニケーション力を育み、
より豊かに元気に自分らしく過ごすノウハウがいっぱいの
連続講座。

対 象*生後2ヶ月〜アンヨ前のお子さまとお母さま、妊婦さん。
 上記以外の年齢の親子さん、お母さまのみも応相談。

参加費*3回連続受講 10,000円

詳細はコチラコチラ

*万が一、欠席の場合は次回翌月に振替受講可能。
*1日単発受講は、4000円。
なごみサロン trick and treat クラスと泉会場クラス、
 ミックスでの受講も可能。
*早期予約特典〜はこつき単発class 500円offチケット
*他の会場での出張講座も可能。お気軽にご要望ください。


   前回のclassの様子はコチラ→click




☆☆☆ベビーとママのヨガ&セルフケアクラス☆☆☆

ベビーヨガ&タッチング、産後ヨガ、日々のセルフケア、
季節のお手当などをお伝えする
ベビーとママのヨガ&セルフケアクラスです。
月に一度の自分の身体の見直しと
ベビーとの毎日を楽しくするyoga クラスです。

対象*生後2ヶ月以降〜よちよちアンヨのお子さまとお母さま
   
参加費*2,000円


9月15,29(金)11:00〜12:00 @nagomi salom TRICK and TREAT
     
       前回の様子はコチラ


☆☆☆グラウンディングヨーガ☆☆☆


季節のリズム。月のリズム。
五感。そして十二感覚を養いつつ、
からだのすみずみに意識を向け、
自身の軸を確認しながら、
丹田力、グラウンディング力を上げるアサナと呼吸法を行う
陰陽yogaクラスです。


対象*おとなの方。マタニティさん、どなたでも。
   お子さまご一緒にご参加可能です。

参加費*2,000円〜学生さん、シニア年代は、1,000円〜


8月21,28日 9月4,11,25日(月)9:10〜10:10

9月15,29(金) 9:30〜10:30

会場 青葉区春日町のサロン nagomi salom TRICK and TREAT




☆☆☆バランスボール & ヨガクラス☆☆☆


産後にできる有酸素運動のクラスです。
バランスボールにて弾み、代謝をUP。
老廃物をしっかり出しつつ、よい汗かいて心身リフレッシュ!

ボールエクササイズの後は、ヨーガでリラックス。
「動」と「静」にて、
陰陽バランスをととのえるからだケアクラスです。

お子様とご一緒にご参加可能。
妊婦さんのご参加。応相談。

同室、見守り託児スタッフがいるclassです。

バランスボールエクササイズの効果はコチラ

***いずみクラス 定員10名*** 

8月22日(火)10:00~11:45@七北田公園体育館

〜夏休み、園児さん学童さんとご一緒にご参加ください〜


    前回の様子は、コチラ


***わこねっこ 武道館クラス 定員6名***
***まんまはうすさんに広報のご協力頂いてのクラスです***

8月30日(水10:15~11:45@宮城県武道館


     前回のクラスの様子はコチラ

朝のソトヨガ


こどもたちは、ヨガしても遊んでてもよし♡
こどもからお年寄りまで、みんなみんなでヨガ。
自然の中で気持ちよく♡地球に一部を感じる時間。

 
 8/ 19 7:00〜8:00 七北田公園

7:00 公園入り口に集合し、木陰に移動しyoga時間を過ごします。

各位、
ヨガマット&レジャーシートなど敷物持参でお集まりください。

雨天、強風時中止。
ドネーション制。



park yoga

park yoga

☆☆☆親子ヨーガクラス☆☆☆

ますますアクティブ&真似っこ大好きなこども達。

お母さんやお父さん。
年齢違うこども同志いっしょに、
身体をめいっぱい動かして、
地球に生きるいろんなものに変身しながら、
5感。そして12感覚を刺激しつつ、
現代っ子に必要な感覚
ヨーガのポーズと呼吸、整体的遊びにより導くクラスです。

こども達と一緒に。
こども達を見守り、見守られ、
みんなでヨーガの時間を楽しみましょう。
ご兄弟、おじいさまおばあさまご一緒のご参加大歓迎。
当方のこども達もキッズモデルで登場します。

小学生さんで、お一人でご参加希望の方はご相談下さい。

 8
月20日(日) 10:00〜11:00 七北田公園
 
ご参加費 一家族 1,000円〜の
ドネーション制
 
    
対  象   てくてくあんよさん〜小学生さん親子

     雨天の際は、中止となります。

   前回のclassの様子はこちら☆
  

***イベント&外部講座***

*いずみ町おこし助成事業〜ナースアウトサロン開催

  季節のヨガ〜担当  次回ON AIR 9月20日(水)

*黒川郡大衡町役場&こども園事業〜ベビーとママのヨガ教室〜毎月第2水曜日
    
生後2ヶ月〜ハイハイまでのお子さまとお母さまは、コチラもどうぞ!!
      次回は, 8/25、9/8,22の開催です。

 お申し込み&お問い合わせ→ カメイアリーナ 022-244-1111迄

ZAOCさんと共催 YOGA&SUP 
 ご希望日をZAOCさんへご連絡ください。

*9月5日(火)加茂児童センター 親子クラブにておやこヨーガ

*9月23日(土)加茂市民センター 母のスマイル応援講座にてyoga

SUP YOGA

SUP YOGA

2012年12月27日木曜日

心に入るお言葉






ヨーガの事はじめ、
日々の心の在り方を教えて下さる
錦本ヨーガスタジオのメールニュース。

先日、頂いた吉岡先生のお言葉が、
とっても心に入りました。

何よりも忘れてはいけないのは、
足る」心と「感謝」心。

改めて感じます。

みなさんへもシェアしたく、
図々しくもお願いさせて頂きましたら、
ご許可を頂きました!

錦本先生。
吉岡先生。
対応して頂いた、土井様。

本当にありがとうございます!

以下、本文です。
みなさんもぜひ、受け取って頂ければと思います。

【綿本ヨーガスタジオ メールニュース第127号講師便り
 ~吉岡先生~より引用】

こんにちは
綿本ヨーガスタジオ吉岡です。

年末版メールニュースを書かせていただきます。

今年は、暑かった夏から一足飛びに冬に突入してしまいました。
急激な気温の変化に、
皆様はいかに対応していらっしゃいますでしょうか?

これもすべては大きな自然のなせる技ということなのでしょうが・・・。




ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。
よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、
久しくとどまりたる例(ためし)なし。
世の中にある、人と栖(すみか)と、またかくのごとし。

美しく流麗な文章で多くの人々に知られている「方丈記」の
冒頭の部分です。
この文章と、これが無常について書かれているものと言うことは
私も知ってはいましたが、全文を読んだことはありませんでした。

最近、特に昨年の東日本大震災以降、「無常」ということが
心にかかっていましたので、一念発起して読んでみることにしました。
(もちろん現代語訳です)

皆様はどう思っていらっしゃるのかわかりませんが、
私には、ここのところの地球的な自然環境の変動
(地震、津波、大型台風、異常気温など)は、
文明の発達による利便性を、人類が享受するに過ぎて、
自然環境を破壊してしまった結果起こってきた現象と
思っていたのですが、
「方丈記」を書いた鴨長明の生きていた平安時代も、
すでに多くの自然災害は起こり、大地震、津波、旱魃による飢饉、
大つむじ風(竜巻のようです)、大洪水などが次々と人々を襲い、
数え切れないほどの多くの死者が累々と道端や河原に重なっていた
ということです。

考えてみますと、日本の国土それ自体、
このような自然の脅威からは逃れられない条件の中に
あるからなのでしょうか?
常に変化してやまない外圧に対して、
れを「無常」として受け止め、
ある種の諦観とその諦観をベースにしながら生きる力強さを
腹の底に育んで生きてきたのが日本人なのかも知れない
と思えるようになりました。

鴨長明は、その中で、
いかにしたらこれらの悩みを少なく生きられるのかを考え、
出家遁世の道を選びました。
一丈四方の家(組み立て式、移動可能)に一人で住み、
人里から離れて世の中の人々の生活ぶりを眺めながら、
自分の生き方を貫いた様子が読み取れます。

それは、災害に襲われても失って嘆くような財宝は持たず、
一人で住まいをすることで周囲に気兼ねをすることもなく、
野山で採れるものを食べ、
足りなければ自分の努力が足りなかったと思い、
粗末な衣服でも事足りる状況に満足し、
何かしなければならないことがあれば、
人を頼みとせずに自分の手足を使い、
苦しい時には身体を休ませ、
元気な時には度を過ごさないように気をつけて使い、
身体を丈夫に保つためにもむなしく休むこともなく
暮らすことを心がける日々を送っているのでした。
そして誰に聞かせる訳でもないので、
下手でも、松風の音に合わせて琴を弾き、
水の音に乗せて琵琶を奏でることを楽しみ、
阿弥陀如来や普賢菩薩像に祈りを捧げる毎日を過ごしている
というものでした。

この暮らしぶりに触れて、
その中から、私はヨーガの心を読み取ることができたのです。
いかに安らいで本来の生を生きるかを教えるヨーガの心そのままに、
全てを受け入れ貪らず、清らかな心を保ち、
人間を超える働きへの祈りを絶やさない、
その生き方がまさしくヨーガの心そのものだったのです。

現代にこの生き方を当てはめることはできませんが、
その中に流れている彼の心を引き受けて生きようとすることは、
それがどのような時代背景の中にあっても、
大変大切なことだと私には思えました。

たとえ厳しくとも、その現実を受け入れて生きることは、
私たちを取り囲む大きな自然の働きに対しても同じです。
時には脅威であったり、時には大きな恵みでもあり、
そして、人間の想定など遠く及ばない神秘に満ちている自然に対し、
謙虚な心で向かう事ができる時、これ以上逆らうことをなくし、
子孫からの借り物とも言われているこの自然を、今、
できるだけ瑕をつけないで子孫に返すことができるよう、
真剣に考え、
行動することが大切なのではないかと強く感じざるを得ません。

また、今回、下記のことも知ることができました。
東日本大震災と同時に起きた原子力発電施設の爆発により、
放射線に汚染された地域に対し、
原子力委員会定例会議に提出された石井慶造氏
(東北大学大学院工学研究科)の論文によれば、
セシウムは陽イオン化して負電荷を帯びた粘土質の粒子と合体し、
植物には吸い上げられない形になり、しかも日本の土壌は、
火山国であることも幸いし、粘土質が多い。
現在は、七割以上のセシウムが粘土質に固定され、
水に溶けないから水道水には入らず、
酸及びアルカリ溶液にも溶けないから身体にも吸収されず、
植物にも吸収されない状態である。
しかも、東北にまで大雨による被害をもたらした台風で
真っ先に流されたのは、表土近くの粘土粒子であった。
(以上、「無常という力」玄侑宗久著)ということなのです。

間違いなく自然に救われているこの状態を知った時、
私は心からの感謝の思いを深く深く感じました。

そして再度確認したいと思いました。
私たちは、大自然の中で生き、生かされていることを!
そして、この大いなる自然、神とか仏とかではなく、
この自然の一部としてあることを!


少々熱くなりすぎましたでしょうか?
新しい年に向かって、心の中を一新しましょう。

皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。

【綿本ヨーガスタジオ メールニュース第127号講師便り
  ~吉岡先生~より引用】